車輌点検

日々、安全運行をする為に、
乗務員が乗車前に日常点検を行い、
車輌トラブル及び車輌事故防止に努めています。

安全会議

年3回、全乗務員参加の安全会議による、
安全輸送・車輌構造・業務内容など情報共有。
また、事業用トラックドライバー研修テキストを使用し、内容の理解・把握の為、テストを行っています。 

健康への取り組み

健康に起因する事故防止、乗務員の健康管理・維持の為、
年2回の健康診断を行っています。
産業医との面談(ストレスチェック)を定期的に行っています。
また、MRI検査を受診することで、三大疾病等の発症予防に務めて参ります。

車両情報システム [ デジタルタコグラフ・管理モニター]

全車両に富士通株式会社様、デジタルタコグラフ運行管理機能とドライブレコーダー
映像機能を融合した機種『DTS-D1D』を導入しています。
国土交通省認定デジタルタコグラフに運行管理、動態管理など機能を搭載しており生産性向上、
経費削減、情報の正確性など業務改善、安全運転・エコドライブに生かしています。
車輛と乗務員情報をクラウドでサーバー管理しており、リアルタイムでGPS(車輌位置)・運行状況・乗務員情報を
本社にて一括集中管理しています。

アルコールチェッカー

近年増加傾向にある『健康起因による事故防止』に向け、
これまでの経験を結集した新たな点呼システムを導入しました。
さらなる安全対策・事故防止に向けた取り組みをメーカー様と一緒に話し合い、
既存の点呼システムソフトをIBトランスポートモデルとしてメーカー様に『カスタマイズ』を依頼しました。
乗務員、一人ひとりの情報を点呼時に即座に把握し、
尚且つ血圧計や体温計(遠赤外線)を使用し健康起因事故防止に妥協なく努めて参ります。

スマートフォンと連動する呼気アルコール測定器

スマートフォンと連動して、外出先でアルコールを測定できるシステムです。
測定結果と共に測定者の写真・名前・日時が管理拠点に送信され、不正防止にもなります。
事業拠点用管理ソフトと連動可能なので、測定データの管理をしています。 
【特長】
■外出先で容易にアルコール測定が可能
■測定結果とともに写真が送信され不正防止
■PCでデータ管理
■撮影機能

TPMS タイヤ空気圧/温度モニタリングシステム

TPMS (Tire Pressure Monitoring System)とは、
自動車のタイヤ空気圧を常時監視する装置のこと。
タイヤの内部に送信機を内蔵したセンサーを設置し、そのデータを無線でコントロールユニットへ送ることで、
走行中でもタイヤ空気圧をモニタリングできる装置です。
TPMSは、空気圧低下を運転席に居ながら監視することが出来るため、
空気圧の低下によるタイヤトラブルを未然に防ぎ、燃費の悪化を予防する、
自動車の安全性の向上と省エネに非常に効果の高いシステムです。

車両美化Day

日頃から愛着を持って、常にきれいに手入れされた車両は事故を起こしにくいものです。
日々、洗車機を使用し出発前にトラックを乗務員が1台1台洗車しています。
乗務員にとってはプロとして、
自覚やトラックへの思いやりが安全意識の高揚につながります。

乗務員の安全運行をサポート

お客様のお荷物を預かり安全と信頼をお届けする為に、
乗務員が日々安全な運行を徹底する為のサポートに努めています。
合理的な物流サービスを実現する為、GPSによる車輛位置情報を確認し、
音声アラートによる車輛異常等をリアルタイムに把握しています。
尚、お客様の目的に最適なトラックを効率的に運行し、
トラックを常に有効使用することで、
迅速な物流システムと迅速な対応を両立させます。

飛び出しくん・自転車の設置

全営業所の出入り口に、飛び出し人形と自転車を設置しています。
出庫・帰庫の際に、歩行者や自転車の認識を再確認・安全運転への意識向上を目的に設置しています。