IBグループの事業は貨物輸送インフラとしての役割を担っている事から、 まずは自らの事業にしっかりと取り組むことが社会経済の発展に貢献すると考えています。

SDGsの取り組みにおいて安全運行は必須条件です。

会社組織としても『社会的価値』『地域社会への貢献』『未来社会への人材育成』

会社を支えるダイバーシティ(多様性)&インクルージョン(包括・包含)など共に

貨物運送事業者としての役割を果たしながら持続可能な開発目標(SDGs)に積極的に取り組んでいこうと考えています。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは "Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)" の略。

2015年9月、ニューヨーク国連本部にて開かれた「国連持続可能な開発サミット」において、
国連加盟国により採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された「2016年から2030年までの国際目標」のことです。

すべての人が平和と豊かさを享受できることを目指し、「17のグローバル目標」と「169のターゲット(達成基準)」で構成されており、
地球上に誰一人として取り残さない("leave no one behind")ことを誓っています。

IBグループは、国連が提唱するこの「持続可能な開発目標」に賛同、「持続可能な社会の実現」に向けた事業展開が重要だと考えています。
当社はその事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらを解決すべくスタッフやお取引先様、地域の皆様と協力しつつ、
私たちにできることを考えて社内外活動に取り組んでいきます。


●児童養護施設への寄付


該当なし


●禁煙サポート  ●MRI受診義務化

●8020運動


●インターンシップの受け入れ


●女性活躍の推進 ●LGBTQ理解への取組み

●セクシュアルハラスメントの防止

●ダイバーシティ経営


該当なし


●LED電球の使用  ●エコドライブの実践


●公正な人事評価制度 ●資格取得支援

●定年退職者の再雇用制度


●一般貨物輸送事業

●自動車整備事業


該当なし


●530運動

●安全会議


●梱包資材の効率利用


●従業員エコマインドの向上

●530運動


該当なし


該当なし


●LGBTQ理解への取り組み


該当なし